教育方法

絶対ダメ!!小学生を学習塾に行かせてはいけないたった2つの理由

更新日:

「小学生の子どもを学習塾に通わせた方が良いのか」こんな悩みを持つ保護者の方は多いのではないでしょうか?

 

子どもの成績が悪かったり、宿題をしなかったりすると、将来が不安になり、何かしてやりたくなりますよね。しかし、勉強ができない・しない=学習塾に通わせる、というのはよくある安易な間違いです。

 

はっきり言って、小学生の子どもを学習塾に通わせるべきではありません!

 

今回はその理由をご説明します。

 

小学生の子どもを学習塾に行かせてはいけないたった2つの理由

そもそもあなたは、本当に子どもにとって学習塾がベストだと思っていますか?

「勉強ができない・しない」という状況を、短絡的に学習塾に頼ってしまっているだけではないでしょうか?

 

実は、小学生の子どもを学習塾に通わせることはメリットよりもデメリットの方がはるかに大きいのです。

 

小学生を学習塾に行かせてはいけない理由1  自立学習できなくなる

今、子どもが抱えている課題を整理してみましょう。

・勉強が嫌いで、成績が悪い

・宿題をしない、言われて嫌々やっている

 

では、子どもが夢中になっていることはありますか?

・ゲームは止めるまでずっとやっている

・スポーツ活動を頑張っている

・友達と遊びにいく

 

これに当てはまらなくても必ずあるはずです。つまり、子どもは勉強以外のことなら夢中になって、親がとやかく言わなくてもやるのです。それって親から強制されたことじゃないですよね?子どもが自らやる意味を見つけて、自分から取り組んでいることだと思います。

 

結局はこうしたモチベーションにならないと子どものやる気は引き起こせません。この状態で学習塾に行ってしまうと、勉強が大嫌いになります。また「無理やり時間を拘束されて嫌々やらされる」という環境に慣れることで、自発的に勉強をしなくなります。

 

すると、塾に行かなければ勉強しなくなるのです。

塾に通う時間なんて、多くて週に3日、2時間程度。このくらいの勉強時間を嫌々過ごすことで、子どもの勉強ができるようになるわけがありません。

 

また、自立学習ができない子どもは、自立学習ができる子どもに絶対に勝てません。自立学習をする子どもは毎日、自分で目的を見つけて努力を続けます。片や週にわずかな時間、嫌々勉強する子ども、勝てる見込みはほぼゼロです…。

 

小学生を学習塾に行かせてはいけない理由2  負け癖がついてしまう

小学生のうちから勝てる子どももいます。しかし、反対に負けてしまう子どもがいるのも事実です。

 

正直どちらに転ぶか、親のあなたでもわかりませんよね?

 

学習塾は、小学生と言えど、周囲との戦いの場所です。もちろん友達もできるでしょうが、小さなうちから中学受験を目指して頑張っている子どもも大勢います。

 

そういう子どもたちの中に、勉強したがならいから塾に通うことになったあなたの子どもがいて、果たして切磋琢磨していけるしょうか?

 

答えはNO!絶対に心が折れてしまいます。だって相手は真剣、こっちはイヤイヤなんですから。

 

小学生のうちは、成功体験を積ませることが非常に重要です。過度な競争の中に身を置いて伸びる子どもは少数でしょう。

 

それよりも、井の中の蛙状態でも、勝ち癖を身につけた教育が必要です。

 

 

 







-教育方法
-, ,

Copyright© パパママ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.