なんでもコラム

父親はいらない?ヒトでも可能になるかもしれない単為生殖と衝撃の事実

投稿日:

みなさんは「父親って本当に必要なの?」と思ったことはありますか?

 

家事や育児に参加してくれなかったり

土日も仕事でほとんどいないような忙しいパパのいる家庭のママなら

一度は考えたことはあるのではないでしょうか?

 

実際に検索して調べてみると、Yahoo!知恵袋なんかでそんな声がけっこう目につきます。

父親としてはかなりツライ…ですが、実際にこう思っている方がいるというのも事実は事実。

そこで、本当に父親っていらないのでしょうか?

 

ぎゃあああ!!ゴキブリはメスだけで子どもを産める…

Yahoo!のニュースでこんな衝撃的な記事がありました…

全国に分布するワモンゴキブリは雌だけで3匹以上いると、雄と交尾せずに子孫を残す「単為生殖」が促進されるとする実験結果を、北海道大の研究チームが13日発表した。単為生殖できる他のゴキブリも同様の性質をもっている可能性がある。動物学専門誌に掲載された。

異常に生命力が高いことで知られるゴキブリは繁殖力も異常だという研究結果がありました。

たしかに知らない間にすごく増えているイメージはありますよね…

もうため息しかでませんが、生物の中にはメスだけで子どもを産める

単為生殖が可能な生物がすでにいるのです。(よりによってなぜGが…

そもそもオスとメスが必要な有性生殖は生物の多様性を担保するための

生存戦略として機能しています。

多様な遺伝子を組み合わせれば、どんな環境になったとしても

種族の中のどれか適合した遺伝子の個体が生き続けられるという…

だったらオスが必要だろう!と思うところですが、それはあくまで長期的な生存の話。

短期的だったら別に遺伝子の多様性はいらなくて、

むしろ生殖できないリスクが高まるだけなんだとか。

 

ヒトでも単為生殖できる?ゲノムプリンティングってなに!?

ヒトの単為生殖、ポイントはゲノムプリティングという聞きなれない言葉。

なんじゃこりゃ?ってワードですよね?Wikiにはこんな説明がされています。

遺伝子発現の制御の方法の一つである。一般に哺乳類は父親と母親から同じ遺伝子を二つ(性染色体の場合は一つ)受け継ぐが、いくつかの遺伝子については片方の親から受け継いだ遺伝子のみが発現することが知られている。 このように遺伝子が両親のどちらからもらったか覚えていることをゲノム刷り込み(ゲノムプリンティング)という。

ーWikipediaより抜粋

難しい…

簡単に言ってしまえばゲノムプリンティングとは

「遺伝子に両親のどちらから受け継いだものであるか印が付いている」ということ。

で、ヒトが単為生殖できない理由もこのゲノムプリンティングのせいらしいのです。

調べると難しすぎてわけわからなくなるのですが、

要はヒトが単為生殖できない理由は「ヒト(哺乳類含む)に存在するある特定の遺伝子は母親由来or父親由来のどちらか一方からしか受け継がれない」ためらしいです。単為生殖では遺伝子がすっぽり一部抜けてしまう状態になるからだそう。

 

しかし、英国のブリティッシュ・メディカル・ジャーナルという権威ある医学専門誌に載った

アメリカの14年間に渡る長期調査による論文がとても衝撃です。

内容は、十代から二十代の若い女性たちに、性や妊娠、避妊方法についての知識、あるいは宗教的・民族的背景などに関する定期的なアンケートを継続した結果なのですが…

なにがすごいってそれがこれ…

 7,870人の対象者のうち、その中の 0.5パーセントの 45人が「性交なしで妊娠した」と見なされた

言うなれば処女懐胎のこと。

処女懐胎とはイエスを産んだ聖母マリアのあれです。

「どうせ対象者が恥ずかしくて嘘ついてるんだろ?」と思ってしまいますが、

この調査結果は非常に信憑性があると見なされているので

あながち無下にできないもの…

 

この結果は人間の体の中で、父親の遺伝子を受け継ぐ、というゲノムプリンティングが

機能しなくなってきている可能性を示唆しています。

もしそうなら父親は…

 

やっぱり父親は必要だった!子どもの情緒に与える影響力とは?

ここまで生殖に関して父親不要論を述べてきましたが、

とはいえ、とはいえですよ!

子どもの教育にとってはどうなんだ、と。

こここそが父親の伸び代なんじゃないかと!伸び代だと言いたいわけですよ!!!

てことで、実際父親は子どもの情緒的な発育にどれだけ寄与しているのかをお話します。

お話させてください。

お話したいのです!!!!!

 

1、父親は子どもにNoを教え、向上心を芽生えさせる存在

基本的に、母親は子どもに対して安心を与えますが

反対に父親は厳しくあるべきです。

またそのことにより、子どもの過度な万能感を抑制し、

「もっと頑張らなくちゃ!」という気持ちにさせる役割があります。

 

2、不安やストレスからの庇護

「パパって頼りになる」そんな存在でありたい…し、そんな存在でいることが

子どもの情緒の発育にとっては非常に重要なのです。

父親がいることで、子どもは外部からの圧力や不安から守られていると感じます。

これが欠けてしまうと、子どもの将来の鬱などの精神疾患率が上がることがわかっています。

 

3、父親とはこうあるべきだ!という模範

結局のところ、学ぶことは真似ることから始まりますが

父親不在の場合、自分が父親になった時にどのように子どもに振る舞えばいいかが

わからなくなり、将来自分が親になった時に混乱するケースもあるようです。

 

つまり、

父親は偉大である!

家庭に必要である!

だからやさしくしてください!!!

 







-なんでもコラム
-, ,

Copyright© パパママ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.